無料学習支援塾「学凛堂」

凛童舎

043-274-9776

【幕張本郷園】

【船橋前原園】

lv

無料学習支援塾「学凛堂」

学習支援塾「学凛堂」

学習支援塾「学凛堂」

現在再開準備中!

無料 学習支援塾学凛堂

ボランティア募集中!

小中学生の勉強の遅れから、高校受験指導まで

※施設利用料として1時間500円を徴収させていただきます。
これは「貧困家庭の子たけの塾」とのイメージを付けないための配慮でもあります。
ご希望者には、施設利用料の免除があります。ご家庭の状況をお聞かせください。
(チケット制のため誰が無料受講生か本人にさえ判らない仕組みです。)
凛童舎レギュラー会員は無料です。

1.概要

ネット学習システムeboard(※2)を利用した自主学習を軸として、宿題のフォローアップから日々の学習習慣づけをはかり、該当学年までの理解をサポートします。

(※2)NPO 法人eboard(イーボード)
・2015 年2 月より、総務省先導的教育システム実証事業教育コンテンツとして採択。
・島根県益田市が塾のない山間部に住む学生にネット学習システムeboard を利用。
(2016/2/8 日本経済新聞朝刊)

2.目的

「学びをあきらめない社会の実現」をミッションとしてNPO 法人eboard は社会的な学習サポートのしくみを作り、学力格差による貧困の連鎖を断つ活動をしています。凛童舎はこの取組みに賛同し、地域の小・中学生の学習サポートを実施していきます。
また学童保育施設におけるeboard の活用事例をeboard にフィードバックし、教教材開発およびモニタリングに協力していきます。

3.実施内容

3 ~5名程度の個別指導
1)eboard の算数・数学教材をもちいた自主学習のサポート
2)国語教材の制作モニタリング・サポート
3)学校の宿題の実施状況やe-board の学習理解度進捗状況を把握することを通じて、保護者(または支援者)とともに子ども の毎日の学習習慣づけのサポート
4)1)~3)を通じて、主要教科の該当学年
までの理解をはかる。
5)千葉県立高校受験にむけての指導。
私立小・中学校の学内推薦のための指導。 (現実的なニーズと考え実施します)

4.実施日

毎週●曜日

1時限目 15:00~16:00
2時限目 16:00~17:00

3時限目 17:00~18:00

毎週●曜日

5.担当スタッフ

以下のスタッフで本人の自主学習をサポートします。

担当:吉岡秀記
(早稲田大学理工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。一級建築士。㈱日建設計にて23年間、オフィスビル、商業施設、病院、学生寮、保育園など各種大型施設の計画、設計に従事。現在、一般社団法人コラボライフ代表理事、学童保育「凛童舎」舎長)

補助スタッフ (スタッフ募集中!)
地域の大学生・社会人ボランティアなどの有志

凛童舎舎長の思い

img_top04

今や、教育格差が叫ばれる時代です。学校という義務教育機関があるのになぜ?
我先にわが子を野放図に先へ進ませようとする親や学習塾が、学校より先に安易に知識だけを入れてしまうため、学校の授業が形骸化しています。

本来、学校は、知識を与えるだけの場所ではありません。知識との遭遇の感動を演出し好奇心をあおり、学習意欲を高める役割があります。
子どもたちの生活の大きな部分を占める学校で「授業がわからない」ということは、『学校がつまらない→毎日がつまらない→人生がつまらない』に繋がりかねません。

今最も心配されるのは、知識の遅れではありません。
子ども達の意欲の減退です。


東大が半分を推薦入試に、ハーバード大学も学力テスト入試を一部廃止。今やまっとうな大学は、知識だけで偽装した、「既にある答え」にたどり着けるだけの受験巧者を求めていません。これから求められるのは、「自分で新たな地平を切り開いていく意欲」を持った人間です。
塾に通えないというだけで、このまま意欲を奪い去れて行く子どもたちを放置するのは、かわいそうと言う個人の問題だけではなく、将来を担う世代の劣化、社会の損失です。

「子どもたちの『今』と『20年後』を同時に救う」をコンセプトとして始動した凛童舎は、この社会の損失防止に、微力ながら取り組むことといたしました。

お問い合わせはこちら

〒274-0824 千葉市花見川区幕張本郷2-20-7

影澤ビル(美容室シャドウ)2F

営業時間:13:00~20:00

休園:日曜・祝日

自然な成長を

TOP